2022そろばんコンクール福井大会開催

11月13日(日)午前9時15分から標記大会が開催され、福井商工会議所地下コンベンションホールに100名の申込でしたが、7名がコロナなどで欠席し93名での開始となりました。当日のさくらそろばんからの優勝者は次の皆さんです。2位以下は新聞「さくら」に掲載します。

小学1年の部=毛利颯良。小学2年の部=福澤彩葉。小学5年の部=島田常央。中学2年の部=家山咲良。高校の部=松森健太。一般の部Ⅰ=山口政文。

 

 

第72回福井県珠算競技大会 松森健太連続優勝

8月28日、武生商工会議所で開催された「第72回福井県珠算競技大会」はコロナ感染過で参加数は114名。中学生以上は一人掛けで小学生は二人掛けで着席。問題配布時などでは手指の消毒、会場ドアは開放するなどの対策を講じての大会となった。

4部門の優勝者で競われた決定戦では藤島高校1年生の松森健太選手が連続優勝を果たした。小学生読み上げ暗算チャンピオンと読み上げ算チャンピオンは、清水東小学5年生の島田常央選手が優勝した。

大会参加で多くの事を学んだ出場選手は、検定試験に向けてさらなる頑張りが期待される。

2022グランプリジャパン開催される

7月24日(日)3年ぶりにグランプリジャパンが開催された。5月8日に県予選をクリアした3選手と家族に引率者は早朝6時に春江を発ち、福井市で2選手を乗せ鯖江ICから神戸を目指して走行し、11時過ぎに会場の兵庫県立文化体育館に到着。昼食を観光バス車内ですまし11時30分からの入場を待つ。12時に開会された大会には来賓者もいなく選手宣誓もない。午後5時前に終了するまでこれまでの約半分の時間での大会となった。

引率者と家族は前もって申請し、当日までの1週間の体温測定や問診表を書き、入場時には消毒と体温測定などの感染防止につとめた。大会終了後は直ぐに福井まで直行し、午後8時30分に春江に帰着した。あわただしい1日であったが無事に大会参加ができ喜んでいる。

なお、5年の島田常央選手は600点満点中の580点で奨励賞が授与された。来年はぜひとも600点満点で決勝戦に進んで欲しいものだ。

2022福井県段位チャンピオン大会開催

7月3日(日)午前9時15分から標記大会が3年ぶりに開催され、全珠連段位合格者の中から36選手が福井県珠算会館2階ホールで3部門に分かれて、伝票算を除く6種目中の2種目をエントリーしてチャンピオンと準チャンピオンの座をかけて挑戦しました。

平成9年から毎年開催でしたがコロナ感染防止で2年間中止とあり、久しぶりの大会に真剣なまなざしで挑戦しました。どの種目を選ぶかで勝敗が分かれることも多い大会です。

さくらそろばんからは16名が出場し、結果は次の通りでした。

1部(準初段~準2段)。2部(2段~準4段)。3部(4段以上)

チャンピオン

1部:見取り算=内田智也。3部:見取算=島田常央。3部:見取算=松森健太。

準チャンピオン

1部:除算=内田智也。2部:乗算=辻 紘加。2部:除算=毛利怜生。2部見取算=平田蒼依。3部:乗算=島田常行。3部:除算=松森健太。3部:開法=島田常行

 

 

 

 

 

全国あんざんコンクール福井県大会開催

6月5日(日)午前9時より福井商工会議所地下コンベンションホールで標記大会が開催され、県内より125名の申込があり、東実は117名が参加。さくらそろばんからは、次の4名が優勝しました。2年の部で金田佳花さん、5年の部で島田常央君、中学1年の部で島田常行君、一般社会人第一部で山口政文さんが優勝です。山口政文選手は20回の出場を果たし表彰されました。

読み上げ暗算競技では、小学5、6年の部門で島田常央選手が優勝。大崎陽輝選手が第2位。中学以上の部では、松森健太選手が優勝し、島田常行選手が3位でした。

 

第4回アバカス福井さくらそろばんでの成績

第4回アバカス福井が終了しました。さくらそろばん教室だけの各部門の優勝、2位、3位の成績を発表します。福井珠算協会総合順位の発表はまだしばらく後になります。表彰トロフィー授与は福井珠算協会の成績で行われます。

第1部⇒優勝:前田紗希。2位:鷹尾太佑。3位:金田佳花

第2部⇒優勝:玉村萌愛。2位:辻岡聖愛。3位:高松亜依里

第3部⇒優勝:内田智也。2位:長谷川蓮。3位:吉川 杏

第4部⇒優勝:添田奈芳美。2位:中宮友惺/上野美月姫/松森健太。3位:藤田恵多郎

■4部の島田常央は今回も600点満点でしたが、前回に2回目の優勝でアバカス大賞第1期獲得し、規定により入賞順位から外れることになっています。

2022グランプリジャパン県予選会

5月8日、快晴の連休最後の日、午前9時15分から、福井商工会議所2階で標記大会が開催されました。小学生23名、中学生15名、高校生6名で開始され、11時20分終了しました。

表彰式では、ジュニア部門7名、スクール部門10名(中学生5名・高校生5名)に代表認定証がわたされ本大会でのがんばりを願い、大きな拍手がおくられました。懸念することは、コロナ感染拡大で大会が急遽中止されないか。出場選手枠が減少し、出場できなくなる選手が出ないかです。感染減少を願うのみです。

さくらそろばんからはジュニア(小学生)推薦に清水東小学5年の島田常央選手。スクール部門に高志中学1年の島田常行選手と藤島高校1年の松森健太選手が自由枠選手で出場します。

 

 

 

第3回アバカス福井 総合成績決まる

第3回アバカス福井は1月24日~27日の期間中に開催され、このたび福井珠算協会の成績が発表されました。さくらそろばんの成績は下記の通りです。

「第2部」第3位:江守芽依  優秀賞:玉村萌愛

「第3部」優勝:阪井悠平   第2位:嶋﨑蓮人

優秀賞:毛利怜生/内田智也/玉村希愛

「第4部」 優勝:竹生晴彦  第2位:添田奈芳美  第3位:中宮友惺

優秀賞/島田常行/吉田彩珠/藤田恵多郎/有田礼那

■今回の参加者は1部=75名、2部=48名、3部=49名、4部=30名です

写真は上から第4部優勝の竹生晴彦、第3部優勝の阪井悠平選手です。

 

第2回アバカス福井成績発表 島田常央君が第1期アバカス大賞に認定される

第2回アバカス福井が11月24日~27日に行われ、福井珠算協会の第1部~第4部までの入賞者が決まりました。第4部の島田常央君が連続優勝し、第1期アバカス大賞に認定されました。1部~3部で1位~3位の3名は次回には上の部門に上がりますが、第4部はそれ以上がないので2回優勝者は以後は入賞には関係しません。ただし、ポイント数は加算されるので、1月の第3回終了後に、図書券と交換されます。

他の部門の入賞者は次の皆さんです。

第2部=第2位:宇野愛生  優秀賞:玉村萌愛

第3部=第3位:大崎陽輝  優秀賞:内田智也/嶋﨑蓮人

第4部=優勝:島田常央  第2位:藤田恵多郎  第3位:添田奈芳美  優秀賞:吉田彩珠/中宮友惺/有田礼那